FC2ブログ

備前焼天野智也

Date : 2009年08月

たこやき

関東出身者としては夕飯にたこ焼きはありえな~い。

とおもってましたが今では子どもたちが喜ぶ定番メニューになってます。
4人で120個は多すぎると思いますっっ。

当分、食べたくないくらい、食べました。でも、しばらくすると、また…。

たこやき

タコ焼きをたらふく食べながらも「大阪の串カツを食べに行きたい!」という話題になりました。

ソースを2度漬けしたい時はキャベツを使うらしいと、いう情報まで知っている我が子。
いくら安いとはいえ、タコ焼きなみに食べられたら恐ろしい事になりそうです。

   -ママねこ-


スポンサーサイト



ガマ

選挙に行って来ました。

投票所が熊山英国庭園の中にあり、色々な花や木が育てられています。

水仙の池に蒲【がま】がありました。

ガマの穂

出雲神話、大国主命が因幡の白ウサギに巻いてやったのは
冬に蒲の穂から出てくる穂綿の事だそう。

ソーセージみたいな穂が止血などの漢方薬になるそうです。

布団の綿にも使われていた?らしい。
だから蒲団と書くのかと納得。

この選挙が今の社会にいい特効薬になるといいなあ・・・

  -やきもの屋 主-

窯焚き

備前の窯は大きい。

焼成にかける時間も長く、焚き方も人により様々です。
(ちなみにウチは10mの窯で8日間焚き続けます)

とくに窯焚きの最後では、とても一人では手がたりません。
同じやきもの屋どうし手伝ったり、助けてもらったりします。
先輩、後輩、友達など、順番に窯焚きするチームみたいなものです。
(ウチは5人来てもらい6人で最後の仕上げ、横焚きを行います)

その内の一人の窯に助っ人に行ってきました。

登り窯

この窯は登り窯といいます。
備前のスタンダードな形式の窯ですがここのはサイズが大きいです。

ウド焚口

窯の中はもう1000度は軽く越えて1200度前後になってます。
じっと見てると目が痛くなります。

窯焚き

夏場の窯焚きは注意がいります。
窯の輻射熱で汗が乾き油断してると熱中症になり易いのです。
こまめに水分補給です。窯が小屋の中にある場合は酸欠にも注意です。

まぁ正直、冬場の方が楽ですね。

でも助っ人です。暑いけどガンバリました!

    -やきもの屋 主-

育ちすぎたキュウリ

畑に一日行かないと、野菜が育ちすぎて、巨大化している事があります。

今日は30センチを越えてペットボトルの500mlより大きなキュウリが2本も採れました。

デカ胡瓜

種を取り除いて切り、塩をしてから、豚ひき肉と炒めました。

デカ胡瓜2

ニンニクと生姜を効かせて、塩味のあんでからめて出来上がりです。
胡麻油と酢とラー油をかけて、中華風に。

デカ胡瓜中華あんかけ

あたたかいキュウリも、酸味と辛みでおいしかったです。

テレビのケンミンショーでは味噌汁の具になってました。
今度、入れてみようっと! 家族の反応やいかにっ?

    -ママねこ-


秋だニャー!

何で季節の変化を感じるかは人それぞれですが、私は猫です。

先週までは、枕元や足先で寝ていたモカがタオルケットの中に「入れてニャ~」と
頭から入って来るようになりました。

「毛皮を着ているんだから、まだ寒くなかろーに」と言っても決して出て行きません。
ルナもフローリングで寝ていたのに、布団を求めてやって来ます。

4人家族なので布団も4つあるのですが、1つの布団(私の)をめぐり
ルナVSモカのバトルが明け方に勃発します。

しぶしぶ、ルナが他の布団に移るのですが、他の人達は熟睡中なので、
容赦なくルナの上に足が乗ってきたり、蹴られたりで、
その度にギャーと悲鳴をあげるルナです。

ルナ

モカ

猫専用ベットもいくつもあるのですが人のそばが好きみたいです。

-ママねこ-

秋の新作

新作が出来ました!と言っても備前焼ではなく、手作り布バックです。

チクチクと縫い物をすると気分が落ち着くので、たまに作りたくなります。
腕前は? 学校の家庭科で習った程度です。

本などは見ずに考えながら、作るのが好きです。

先日、布のエコバッグをいただいたのですが、ロゴマークがちよっと…
なので緑とピンクの布でリメイクしてみました。

手作りバック

リバーシブルになってます。
裏返すとこんなかんじ。

バックの裏かえし

昔から外側はシンプルで内側はちよっと派手というのがスキなのもので…。
上着の裏地に龍の刺繍とかとはちよっと違いますけど。

内ポケットは自分の携帯電話のサイズに合わせたりできるのが手作りの良さですね。
裁縫のチクチク魂に火が付くとなかなか消えずに他がおろそかになるタイプです。
(開き直ってどうするよ)

だから、最近はゼロから作らずに時間短縮
チクチク魂は満足のリメイクが多いです。

-ママねこ-

昼寝

ネコ達お気に入りの場所

モカ

モカはギャラリーの板の間。

ルナ

ルナは二階の風通りのよいワークスペース。

朝晩は、ちょっと涼しくなってきたのでネコ達も気持ちよさそうに昼寝してます。

今年の岡山の夏は短かったです。空はもう秋の気配…。

秋空

それとも残暑で復活するのかな?
さぁ 昼寝、じゃなくて仕事です・・

   -やきもの屋 主-


珈琲の友

新横浜駅でいろいろとお土産を見ている時に、箱がかわいいので思わず買った
鎌倉紅屋さんの【クルミッ子】 湘南ブランド認定品とありました。

鎌倉紅谷 クルミッ子

鎌倉紅屋さんの大いちょうサブレーはよく食べていたけれど、これは初めてです。
中の包みにもリスの親子?が描かれていて、なんだかうれしいです。

備前焼 陶板

クルミいっぱいでキャラメルの味が少しビター。
それをサクサククッキー生地ではさんでます。
お茶でも珈琲でも良く合う感じです。

今日は朝の7時から、小学校のPTA活動で草刈りや掃除をしたので、なんだかバテ気味です。
クルミッ子で珈琲ブレイク…。あぁ家事もブレイクしたいです…。

-ママねこ-

早起き

朝、畑に行ってみると
きれいな花が咲いてました。
何の花でしょう?

オクラ花

オクラの花です。夏野菜の。
夜から早朝にかけて咲きます。
アフリカ原産のこの野菜は夏にかかせません。
ビタミン、ミネラル豊富。ネバネバが夏バテ予防にいいんです。

オクラ

ウチのオクラは丸ざやオクラといって断面が丸く、普通の五稜の星型じゃあありません。
やわらかくてちょっと細めなんです。沖縄で食べられてるらしいです。

無農薬不耕起栽培農法のウチの畑(ようするにズボラ)にはいろんな虫サンも来てます。
葉をたべる虫、その親、それをねらうカマキリなどなど。

カマキリ

虫サンに食べられちゃう前に収穫です。

    -やきもの屋 主-

花じゃないけど…

近所の里山へ散歩に。

三時という日中だったのに蚊の大群に襲われて…
そりゃあ蚊にしてみれば、誰もいない山にいいカモです。
かゆい思いをしましたが、いいものも見つけました。

工房ギャラリーの壁にある掛花入に
近くの山に自生していた山帰来(サンキライ)を挿してみる。

備前焼 掛花入

またの名をサルトリイバラ。痛そうな名前の訳は、棘。
生ける前に葉の剪定とともに取ってしまいます。
緑が備前の花入に良く合います。

備前焼 角掛花入

いま緑色の実が秋になると真っ赤に色付きます。
その頃もいい風情です。

都会では切り花として出回っているようですが
(東京の個展の時に購入。けっこう高価でした…)
西日本では柏モチの柏葉の代わりに山帰来の葉を使ったりしています。
またその根茎は生薬になるといいます。

晩秋にもう一度、赤い実を挿したいですね。

-やきもの屋 主-

自家製紅生姜

山葵、茗荷、葱。薬味はいろいろありますが、生姜が好きです。

岡山産の新生姜で紅生姜を作りました。
梅干しを漬けていた梅酢を使って。

新生姜

スライサーで細く切り、4%の塩でもんで、水分を出します。
梅酢に入れて出来上がりです。

長期保存をする場合は、一週間位したら水分の浸み出した梅酢を取り替えるらしいのですが
すぐに食べてしまいそうです。
一日で十分染みて、おいしいです。

紅生姜

午前と午後に一時時間位づつ、畑仕事をするのですが
川遊びでもして来たの?という状態、ずぶ濡れ(汗だく)になります。

水分だけとってもダメなので塩分の多い紅生姜ご飯はとてもおいしいです。

クーラーなどでの夏の冷え性にも生姜はとても良いと
今朝のワイドショー「スーパーモーニング」でやってました。(^o^)/

ウチの畑の生姜は秋に収穫できる予定です。

-ママねこ-


新入りかい?

横浜開国博で海洋堂のたねまるくんフィギュア(全7種)を買いました。

カプセルに入っているので、どれかは、解りません。

その中で崎陽軒のシウマイのひょうちゃんのが、欲しくて、
「念力~!」と唱えながら、選ぶと見事にゲット!

『こんなところに運やパワー?を使ってどうするよ』という子供達の冷たい視線にも負けません…。

ちなみに子供達は一号機関車とペリー胸像でした。

ひょうちゃんとたねまる
ペリー胸像と一号機関車

さすが海洋堂だけあって、とても細くて、よく出来ています。
おもわず、我が家の備前焼ギャラリー に飾ってしまいました。

すぐに撤収されてしまいましたけど… (T_T)
   
   -ママねこ-

駅弁!

横浜から岡山へ帰りの新幹線のお楽しみは‥そう、駅弁です。

私は【深川めし】子供達は【牛すき重】 【あなご弁当】です。

いつもは、横浜の王道 崎陽軒のシウマイ弁当なのですが、
たまには、変えてみようかと、深川めしにしてみました。

深川めし

あさりの炊き込みご飯に海苔、焼き穴子が3切れ、ハゼの甘露煮2匹、油揚げの甘煮、
小茄子、大根の漬物が入って850円でした。美味しくて大満足でした。

家で待っている、夫には崎陽軒の【生姜焼き弁当】を保冷バックに入れてお土産にしました。
一番安い650円 でごめん。でも、これは、美味しいのです。

ただ、シウマイが入っていないのが、寂しいところ。
1個でいいので入れてもらえないものか、といつも思います。

牛すき重 あなご弁当

【生姜焼き弁当】、撮影前にアッというまに食べられてしまいました… (+_+)
おなかすいてたのね。  

    -ママねこ-

粘土を切る

この間作ったビアマグの面取り作業。

一定の間隔で削っていきます。

備前焼ビアマグ

ロクロで厚みを残してある部分だけ深く削ると軽く仕上がります。

今日は空気が乾燥してるので、手早く作業を進めないと乾きすぎて
うまく削れなくなってしまいます。

備前焼ビアマグ2

焼き上がるとこのくらい収縮します。
作品のかたさは柔らかすぎても硬すぎても×。
刃がスッと入る一番イイ頃合いに削ると美しくなります。

かたさを睨みながらの作業は延々と続きます。

やきもの屋も蕎麦職人の方みたいにその日の湿度を気にしたりしてるのです。
そういえばどっちも『こねる』が基本ですね。 (^^)

   -やきもの屋 主-

開国博Y150

横浜開港150周年記念テーマイベントのヒルサイドエリアに行って来ました。

友人のアーティストの歳森勲さんが竹の風車【竹風車Labo】を公開制作されているからです。

竹は横浜のみならず、全国で里山を侵食しています。
そんな『竹を有効に利用して里山を整備する』提案がされていました。

竹屋根2

竹屋根1

竹風車

屋根も竹で組まれていたり、竹のベンチなどは、我が家でも、すぐに作れそうでした。
青空に竹風車が気持ちよく回っていて、とても楽しい一日でした。

興味が湧いた方、詳しくはこちらをどうぞ。
歳森 勲HP


-ママねこ-

スィーツと雑貨の街

いつも田舎の自然の中で暮らしているので、都会に来ると人と物の多さに圧倒されます。
それでも、年に一度の事なので、連日、子供達と電車に乗って出かけます。

今日は、自由が丘の雑貨屋巡りをしました。
「かわいい~」「おしゃれ~」と普段の生活にはない台詞を言いながら
いろいろ見てまわりました。

子供が行きたがっていた『フロッグス』というカエルグッズ専門店。
岡山に連れてカエル、クッションを買いました!

カエル

あまガエルなら家の回りに、わんさかいます。
いつも窓にも張り付いて、飛んでくる小さな虫をパクッとやってます。

私もかわいい猫のぬいぐるみを買おうとしましたが
岡山に帰れば本物の猫達がいるのだと思い、買うのをやめました。
猫に会いたい~

でも、猫はきっと、私を忘れている…
もしくは、『だれか、いないような気がするカモ…? とりあえず、昼寝しょ~』
と、そんな奴らです

モカ

-ママねこ-


お盆仕事

ビアマグを作っています。

備前 ビアマグ

面取り仕上げなので乾かし方にコツがいります。
片乾きしないように均一に乾燥させます。
それには風を当てず、日にも当てずの自然乾燥がよいのです。

おかげで工房はいつも蒸し風呂のよう。
でもそのひと手間で面取りの良し悪しが決まるのです。ガマン!

釉薬をまとっていない備前の器はフォルムがはっきりと見えるので
ラインには気をつかいます。
といって気をつかいすぎるとフォルムが固くなる。

このあたりのバランスが作り手のセンスが求められるところ。

キリッとしたカタチなのに柔らかな質感の器。

今日の仕事はそれが出せただろうか…

-やきもの屋 主-



古書とカレーの街

東京で一番、行きたい所はどこ?と聞かれたら…

〇〇〇〇ーランドではなく【神田神保町】です。

本好きのメッカです!
学生時代はよく行きました。

今日、本当に久しぶりに、しかも子供と行きました。

神田小川町から神田神保町まで古書店が160店もあるらしく、
あまりの数に目移りして、選ぶのが大変でした。

神保町

『よく本屋の地下とか、近くにカレー屋がある』
と昔から思ってたんですが、私の思い過ごしでしょうか?

本屋が沢山の神保町。やはりカレー屋も沢山ありました。
もちろん、お昼はカレーでした。

それぞれに気に入った本が見つかり、満足の一日でした。

    -ママねこ-

三時のおやつ

今日も蒸し暑い1日です。

日が落ちて夜になると周りにある水田のおかげで涼しい風が吹くのですが
昼間の暑さはこたえます。

そんなとき『とれたんで、食べられー』と近所のおじさんが持ってきてくれました。
喉の渇きを癒してくれるみずみずしい西瓜。

スイカ

おじさんのつくったそれは、とびきりあまいスイカでした。
おじさんありがとう。畑の恵みにも感謝です。

里帰り中の子どもたちがくやしがりそうな美味しさでした。
    
    -やきもの屋 主-

里帰り

子供たちと実家に帰省しています。

2匹の猫達のために、やきもの屋・主は留守番、いえ仕事です。

今朝、ハイビスカスの花が咲きました。
実家は沖縄ではなく、横浜です。

ハイビスカス

今朝早く、地震がありました。
携帯電話がものすごい音で鳴り、緊急地震情報が来ました。
この辺りは震度4で被害はとくにありませんでした。
岡山も大丈夫みたいです。


昨日は、新宿にある吉本のルミネという劇場に漫才やコントを見に行きました。
子供も私もキングコング、ブラックマヨネーズ、トータルテンボス、友近、などなど
テレビに出ている芸人さん達の舞台に大喜び(^0^)/

子供は 中でも岡山出身の次長課長がとても面白かったようです。郷土愛!?
私は、エハラマサヒロという、ちょっとマニアックな物真似(矢野顕子さんの物真似)
が大好きで笑いました。

芸人さん達はみな、声が大きくてその迫力にビックリ!
子供達は人に何かを伝えたり、笑わせたりするという事は、
簡単じゃないのだとよく解ったようでした。

    -ママねこ-


09夏

雨がつづいてます。

工房2階から

こんな日は、作ったものがなかなか乾きません。
ふつう夏場は乾きすぎて困るのですが、この夏はちょっと勝手が違うようです。

ロクロで作ったものは、ふつう半乾きにさせて高台を削ります。

乾燥を早めたり、ビニールをかぶせて遅らせたりして
程よい固さに調節するのが巧く削るコツなのですが、
この2日ほどの豪雨でぜんぜん乾いてくれません。

平鉢

工房が梅雨に逆戻りしたようです。

ま、雨もまた良しです。涼しいし。
でも近づいてる台風がちょっと心配です。

窯場の割り木がぬれませんように・・

   -やきもの屋 主-


禅の言葉と昼ごはん

禅僧である澤木興道(さわきこうどう)老師のある言葉を見つけました。

人間というのは寒いときに「ああ寒い、寒い」と言うと、余計に寒い。
言葉にすることによって、余計にそれに囚われる。
【澤木興道老師のことば 大法輪閣より】

寒いを暑いに変えると、まさに今、私に向けられた言葉だと反省です。
天気に文句をつけるのは人間だけですね。
暑さに勝つとか負けるとか言うのもおかしなことなのかもしれません。

こんな時こそ、しっかり栄養をとって
心地好く過ごせるように、工夫するのが、「あぁニッポンの母~!」 (^o^)
で、何をしたかと言うと、昼ごはんを素麺からラタトゥイユに変えたのです。

前ふりが長い!!

備前七寸皿にラタトゥイユ

夏においしい野菜は水分が多いので、水を入れずに料理が出来ます。
沢山作って、冷たくして、トーストにのせて、いただくのも、大好きです。
しかし今日のは美味しかったのか腹ペコの人が多かったのか
残りませんでした。

-ママねこ-


のびネコ

今日は朝から、室温が30℃を軽く越えています。

我が家は1階が工房とギャラリーになっているので、台所や居間や寝室は2階にあります。
天井裏がない造りなので、屋根の熱が部屋を暑くしています。

一人一台の扇風機でとにかく我慢の日々。
お蔭で家族全員が超がつく汗カキです。
だから、夏のみそ汁は少し濃いめにして、塩分補給に努めます。

可哀相なのが2匹の猫達です。それぞれ、涼しい所を探して、のびています。

ルナ
モカ

1階の方が涼しいのだから、下りればいいのにと思うのですが、
何かおいしいものが、もらえる為か暑いのに、2階から離れません。

    -ママねこ-



自由研究

夏休みの悩みの種は子供の自由研究です。

今、本屋に行くと自由研究本のコーナーがあるほどでみんな悩んでいるのですね。
私も、子供の頃は何をするか悩みました。

今年の我が子、中学生のテーマは【邪馬台国 】、小学生は【猫の生態】に決めたそうです。
自分で決めて好きな事をしないと、最後まで 、完成しないものです。

決まれば、資料集めに図書館や本屋に連れて行くのは、母の仕事です。
一緒に選んでいるうちに、詳しくなって、はまったりします。

邪馬台国の本

邪馬台国は何処にあったのか?
関連の本を集めている時に、外国人の霊能力者が透視能力を使ったものまでありました。
ちなみに、山口県の地図が描かれていました。
九州や畿内説以外も沢山あるのねぇ、とレベルの低い事を言って息子に笑われました。

でも、古代史の本の筆者はほとんど男性ばかり。
過去に想いを馳せるのは男のロマンなのでしょうか? (^^)

    -ママねこ-

紅葉の…

5年前、ホームセンターの植木コーナーで半額の値札が付けられた紅葉を見つけました。

とても、細い30㎝ほどの紅葉でした。

いくら、半額だとはいえ、弱くて枯れかけを植えても意味がありません。
でも、その時、なぜか、買わなければいけないという気持ちになってしまいました。
(ちなみに霊感はありません…。)

買って帰った時の夫の反応は、
「半額にも、ほどがあるでしょ…。」 (-_-;)という顔。

庭の日当たりの良い場合に添え木をして植えました。
あれから5年…

もみじ

今や2mは軽く越え、剪定しないと困るほど元気一杯です。

備前焼に挿し、器を引き立ててくれる大切な1本になりました。

備前 掛花入

紅葉も、ここで根付かないと、後はない… とでも思ったのでしょうか。
我が家では、この木を 【紅葉の恩返し】 と呼んでいます。

    -ママねこ-

いそげ、日光浴!

このあたりも、ようやく梅雨明け宣言がでました。

『お天道様、これから夏のカンカン日照りが期待できますか?』
というのも、我が家のママねこさんが毎年漬けている梅干し、まだ
土用干ししてないのです。梅雨の間の晴れ間がなかったんですっ

黄熟した梅

毎日の食事に加え今年から息子の弁当にも
登場してるので、「今年は無しよ」というわけにはいかない状況なのです。

タップリと梅酢に漬かってさぞショッパイことでしょう。
でも肉体労働者のやきもの屋としては、塩分補給の観点から
ありがたいのです。とくに夏場の窯焚きにはかかせません。

市販の甘い梅干しではこうはいきません。
ありがとう我が家の梅干し。
ありがとう《ママねこ》さん (by むすこ)

弁当2 弁当3 弁当1
  月               火              水
弁当4 弁当6 弁当5
  木               金              土(部活)
   
   -やきもの屋 主-


聖なる怠け者の冒険

朝日新聞に連載中の森見登美彦さんの『聖なる怠け者の冒険』を楽しみに読んでいます。
読むだけでおさまらず、スクラップまでしてます。MY単行本のように…。

フジモトマサルさんも挿絵がすばらしく善くて大好きです。
単行本になったら、こんなに、沢山の挿絵は入らないよなぁと贅沢な気分になります。

スクラップ

子供の頃、サザエさんが新聞に連載されていた時もスクラップして
オリジナルサザエさん本を作ってました。
自分では、普通の事だと思いながら…。これはひょっとしてヘキかも。

ペエスケ

園山俊二さんのペエスケは、親元を離れて一人暮らしをしている時に、
母が切り抜きをまとめて送ってくれたものです。
2センチ位にふくれた封筒が来た時は、
「まさか、この大きさと厚さは札束?」なんてありえないとわかっていましたが、
少しドキドキして見たのを覚えています。

毎日、切り取ってくれたのかと思うと捨てられず、今では、子供の愛読書になりました。

   -ママねこ-


陶猫 2

前回につづき陶猫です。

備前焼陶猫1

猫と亀

備前焼陶猫2

座猫

モカ

あやしいヤツ?

表情豊かなネコたちに、思わず笑顔がこぼれます。

-やきもの屋 主-

陶猫

よく作ります。

なんせ、作業台で昼寝するのでそのままモデルしてもらいます。
とうぜん寝顔が多くなりますね。

夏はデレ~っと伸び、寒くなるとコロンと丸まる。
ネコの仕草には季節があるのです。

この頃はというと、梅雨が明けない蒸し暑さでごらんのとおり。

モカ

まったくやる気ナシ。
でもホントはこんないい顔もするんです。
大好きなネコ缶もらう時だけは!

備前焼 陶猫

   -やきもの屋 主-

手ぬぐいとDNA

夏に大活躍するのが【手ぬぐい】です。

買ったり、頂いたりして、何枚もあります。
私は畑仕事の時、日焼防止の為にお気に入りのトラ猫柄 の手ぬぐいを首に巻いています。
洗ってもすぐに乾くので、とても便利です。

手ぬぐい

今は亡き私の父もよく、休日に手ぬぐいを頭に巻いていました。

子供の頃は、何故、手ぬぐい?と思っていました。
今、思えば、父は旧制高校のバンカラスタイルを懐かしんでいたのだと解ります。

『破れ帽子に黒マント、高下駄、そして腰に手ぬぐい、てのがかっこよかったんだ!』
とよく、言っていました。

その姿を絶対に知らないはずの私の中学生の息子が、勉強する時に頭に手ぬぐいを巻きます。

その姿が父にそっくりです。 恐るべし、DNA!

   -ママねこ-

プロフィール

天野智也

Author:天野智也
備前 やきもの屋家族のブログ。
やきもの屋・主 と
カミさん(ママねこ)の
日々のくらしや仕事について。
ついでに猫2ひきのお気楽な
日常も・・・

最近の記事

カテゴリー

メールはこちらから

お問い合わせ、ご感想などお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

Top