FC2ブログ

備前焼天野智也

Date : 2010年01月

猫以外は多忙につき‥

窯出し後の仕上げと、友人の窯の窯焚きが重なり、
【やきもの屋・主】は超忙しい毎日です。

昼夜逆転生活がもう五日目になります。
ウチの窯も焚いてもらっている二十年来の友人です。
良い窯が焚けますように!

友人の窯



今日は雨降りですが、なんだか、とても、暖かい(^_^)
でも、また寒くなるらしく、体調がついていきませんっ。 (@_@)

「ルナちゃん、今日はあったかいから、外の見回りでもしてきたら?」

『雨降りやから、いやや~(-_-)  ぬれるやろ…』
と何故か関西弁で返された気がしました。

ルナと毛布

暖かいからか、息子が起きた後の布団が大好き!

一緒には寝ないけど、起きて出るのを待ち構えているルナさんです。

 -ママねこ-



スポンサーサイト



あたたかいもの

毎朝、雪が降り積もっていたらどーしよう…
とビクつきながら、カーテンを開けます。

ニュースでは、日本各地で大雪が降っているという事ですが、
岡山県南部は、この冬まだ雪は積もっていません。

北部はしっかりと積もっております。
ということは、ここはまだ暖かい?

私には、限界超えて寒いぃぃ{{(>_<;)}}んですけど。
「【ママねこ】は基準になりません」と家人に言われてしまいました。(-_-)


こんな寒い日は、暖か~いスープですね。

海老のスープ

海老を少し入れただけで、味も見た目もワンランクアップ。
暖かいものをいただくと、ほんと体がホッとします。


私に似て、
寒さに弱くて冬は固まる仲間を紹介します。

ルナ

フリースのブランケットにダウンベストの布団。

甘やかして掛けちゃう私も悪いのですが、
ぬくぬくで、嬉しそうなもので、つい。 f^_^;

愛すべき、ダメダメ仲間です。

 -ママねこ-



好物

それは魚卵です。

いろんな魚の卵や卵巣のことですね。
イクラにカズノコ、鰈の子、とびこにカラスミ、海藤花…

今日の晩ごはんは、戴きものの明太子。

やはり、炊きたてのごはんにのせてでしょ!!!
と食べ盛りの息子。

【ママねこ】さんと娘が賛成♪~。

明太子

という訳で、こんな感じで…赤い色が映えますね~。

う~んウマいっっ、のあとに辛~いっ!

四年生の娘には、ちと辛すぎたみたいですが、
おいしくいただきました。(^u^)


【やきもの屋・主】はお酒の当てにと思ったのですが‥
もちろん残りませんでした。(T_T)

 -やきもの屋 主-



ご飯茶碗

備前焼 ご飯茶碗

ちょっと小ぶりなご飯茶碗。

これも今回の窯の作品。

ウチの定番よりひとまわり小さいサイズです。


普段使いしている備前焼(自家製)の中で1番気に入っているのは
なんと言ってもご飯茶碗です。

家族4人とも焼色が違い、自分の茶碗を大切にしています。

備前焼の茶碗は水分を吸ってくれるのか、最後の底のご飯でもベタツク事がなく、
ふんわりとしている様に感じます。


ん~ だからお米の減りが速いのかー?
いえいえ、成長期の子供が二人もいれば仕方ありませんね。
このところ言われているコメ離れ。ウチには無いようです… (~_~;)

今日から新学期。また、お弁当作りの日々が始まりました。
しかし明日から3連休… (゜▽゜)

早起きして弁当を作るのと三食バッチリ作るのとでは、どちらが大変か!
などと、考えても仕方ない事をカンガエテしまいました。 p(-_-メ)

 -ママねこ-



ぐい呑み

備前焼の中でも人気がある器が酒器です。

徳利やぐい呑みはコレクターもいるほどです。


ぐい呑みはそのちいさな形の中に様々な景色(焼き色)があり、見る者を惹きつけます。
ことにお酒が好きな方ならなおさらです。

見込みにお酒が入ると、色が鮮明に変わります。ここも酒器の魅力です。

さらに使い込むと、その色自体も深みを増すように変化していくので、
愛着が湧き、いつも晩酌の友に… となるわけです。


備前焼 自然釉ぐい呑み
備前焼 自然釉ぐい呑み
備前焼 自然釉ぐい呑み

自然釉ぐい呑み
今窯の作品です。

ぐるりまわすといろんな景色。


この作品は自然釉とよんでいます。
ウチの窖窯(あながま)の火前で採れる、特徴的な焼き色です。


この手の作品をやきものに詳しい人に見せると、「これは、釉薬?」
とよく聞かれます。しかしウチの窯は「無釉焼締」。
つまり、なにも掛けてないということ。


釉薬を予め掛けた訳ではなく、焼成過程で、薪が燃えて『灰』になり、
それが炎の流れによって、やきものに自然に付着し、溶融したものです。
釉薬の主成分の一つである『灰』は高温で溶かされ灰釉状に。
  
また、窯の炎は一定方向なので均一に付着しません。
窯の中の炎の流れに沿って『灰』が飛び、炎が当たる正面に多く付き、
当たらない裏面に薄く付く、という具合にグラデーションがついて焼色が出ます。

薪窯ならではの豪快な景色です。


 -やきもの屋 主-



初詣

お正月二日は毎年、近くの神社に初詣に。

ですが‥ 今年は私【やきもの屋・主】体調不良のため (+o+)延期。
明くる三日に詣でました。

初詣

この神社の入り口にオッド・アイの白猫がおりまして(生まれつき左右の瞳の色が
異なっている。縁起が良いと言われています)毎年会うのを楽しみにして行きます。

今年も‥いました、元気な様子でひなたぼっこ。
でもお家の中でしたので、写真を撮るのはあきらめて、神社の方へ。

石段を登り、山門をくぐり本殿に。

初詣

初詣


家内安全 商売繁盛 学業成就 無病息災‥
いろいろと皆でお参りしたしました。

そのあと子供たちが御神籤を引きました。

そこで、「中吉」と「吉」を引いた子らが、どっちが良い運勢なのか?と言い出しました。

ん?大吉が一番なのはわかるが、小吉は吉より下なのでは?
じゃあ中吉はどの位置に?末吉は?

ん~~~こんな基本的なこともわからず御神籤を引いていたとは‥

調べてみると、良い順に大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、
凶、小凶、半凶、末凶、大凶となっているらしい。(こんなたくさんあるのか!?)

最近では大大吉や大大凶までも存在するそうです。

まぁ、一年一度の御神籤で一年が決まる訳はないのですが、
さすがに「大大凶」は避けたいですねっっ (~_~;)


なにはともあれ良い年を願うだけです。
特に体調を… (^^ゞ


 -やきもの屋 主-


2010.元旦

新年、あけましておめでとうございます。


2010年、はじまりました。

今朝は雪がチラチラ舞う寒い朝。
元日から真冬って感じで底冷えしてます。

炬燵に入り御節料理をいただきました。

備前焼 御節料理

岡山のお雑煮は鰤が入っているのが一般的。
でも三重と埼玉出身の我が家のは、澄まし汁仕立てに鶏、青菜とナルト。
【ママねこ】曰く、江戸雑煮というそうな。

私の里はもっと簡素だったので、豪華な気がします。
その土地でいろいろとあるようですね。


猫たちも今日は御馳走をもらったようです。
おなかいっぱいでお昼寝してたので、
空の鏡餅のケースを頭にのっけてパチリ!

鏡餅ネコ
おモチのように丸まってます‥(^^)


平和なお正月です。
皆様、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 m(_ _)m m(_ _)m


 -やきもの屋 主-



プロフィール

天野智也

Author:天野智也
備前 やきもの屋家族のブログ。
やきもの屋・主 と
カミさん(ママねこ)の
日々のくらしや仕事について。
ついでに猫2ひきのお気楽な
日常も・・・

最近の記事

カテゴリー

メールはこちらから

お問い合わせ、ご感想などお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

Top