FC2ブログ

備前焼天野智也

Date : 2012年11月

カフェオレとお菓子

日に日に冬に向っているようで今朝は霜が降りて真っ白。
空気も乾燥し始めました。

朝からマグカップに取っ手を付ける作業中。
乾きすぎるとうまく付かないので昼間は暖房ナシ。(*o*)


マグカップの取っ手



制作中作品 カヌレカップ

カヌレカップ


型に入れて焼きあげる素朴なお菓子“カヌレ”
フランス・ボルドーの焼き菓子に形が似てるので付けた名前。

もともと“カヌレ”とは「溝の入った」という意味らしい。
故、全く関係なくもない(~_~;)

やきものの技法的にいうと鎬マグカップ。
まだ土が柔らかいうちに鉄ヘラで溝状に掻き取っていきます。

手際が勝負。
リズムよく淡々と。


カヌレカップ


焼き上がったら、ホントの“カヌレ”と並べてみようか。
今みたいな寒い日はあつあつのカフェオレが合いそうだ!




こちらケガも癒え、また元気に駆け回ってるルナさん。
寒い朝も外で遊び、午後は昼寝に大あくび‥

おおあくび

いつものことながらすごい回復力。わがままな性格の所為か?な?(^m^)
ともあれ、人もネコも元気が一番です。




-やきもの屋 主-






スポンサーサイト



あきのいろいろ

姫黄金花月


サキュレントの仲間
「姫黄金花月」の紅葉。
通称金の成る木。
木は育ってるんですが……
‥成らぬなぁ~~。
まだまだ小さぃ‥ってことか?? (*。*;



柿

おやつの柿。
愛用ナイフでセルフカット。

今年も柿は豊作模様。
家々に柿の木があるこの辺りではぜんぜん珍しくもなく、
いつも皆サン余剰ぎみ‥
故にお裾分けも多くいただけ喜ぶ我が家。(みんな好物!m(_ _)m

そんな我が家にも甘いのと渋いのの苗木がスクスク育っておりますが
実がなるにはま~だまだまだ。
早く大きく育てよー!!‥なんてサルカニ~のカニかあさんみたいな心境です。
いや‥欲張りなのでサルの方か、やっぱ。
申年生まれだし…… (~。~;)



スナップエンドウ


秋蒔きの豆の新芽幼苗。

冬を越し春に実るエンドウ豆。
この春の味覚は豆好きには堪えられません!

他にもソラマメ、アラスカ、絹サヤ‥
来春のお楽しみ!!



秋の色々
そしていろいろとあったらしい彼女‥

ルナさん


外遊び大好き野山駆け回るルナさん。
先日怪我してご帰宅。……( ̄□ ̄;)!!

4、5日傷腫らして元気なかったですが、
ママねこのお世話で漸く元気を取り戻す。

‥回復してくるほどに文句タラタラワガママ全開ネコになるも、(ーー;)
まぁ元気が出てきたんだから良しとしましょうか。

にしても『飯・飯・外出せ!・水・寒い・飯・寝る!』…… 
あの~どんだけワガママ言うんですぅ~? 
痛いのは自分の所為でしょうに‥ ┐(-。ー;)┌


でも、ぐっすりの寝顔みるとすべてOKなんですねぇ~
って、なんて甘いんだ~~我が家は。。。(^。^ゞ





-やきもの屋 主- 








おしくらまんじゅう

週末の雨でまた少し冬が近くなったようです。

でも今朝はいい空でした。
いつも足早に過ぎてゆくこの季節が好きです。


秋空

ひこう機雲がなかなか消えません。明日はまた雨かも…



本日はこんなんできました。

ねこまんじゅう

ねこまんじゅう。
三つ乗せ。

大盛五つ乗せ

大盛五つ乗せ。
一匹づつ組み合わさってパズルのようになっています。
重なりを考えながら即興で作ります。けっこう大変。頭も使います‥(^^ゞ



で、こちら現場監督兼モデル。

ルナ

でも、そこ邪魔かも……(^。^)



-やきもの屋 主-






ある日の猫たち

チビトラ兄弟


神社のお土産屋で見かけたチビトラ兄弟。

みんなでのんびり毛繕い。
屈託のない仕草が仔猫の魅力。


一方、我が家の猫は‥

モカ


座布団からはみ出だし、ひなたぼっこ中。
この気だるい感じがオトナの魅力‥か!?


大きいのも小さいのも
幸せそうにしている姿には癒されます。

そんな彼、彼女らの微笑みを映すようにつくる。
感謝の気持ちも込めて。



手捏ねこ

てこねこ




-やきもの屋 主-



道具作り

制作に使う道具、亀板を作る。
今まで使ってた分だけでは足りなくなってきたので追加することに。


亀板とは‥
ロクロにのせて器を挽いたり、板の上で叩き皿を作ったりと何かと出番の多い道具。
形も丸かったり、八角形だったり、裏に下駄を履かせたりと窯産地や使う作り手で様々です。

因みにウチのは正方形でサイズいろいろ。
板寸法を決めて作るので、制作しながら作品の大きさを測るモノサシの役割も兼ねています。


寸法通りにカットして電動サンダーで丁寧に面取り仕上げ。
ヴィーーーンと楽にできると思いきや、これが結構な振動なのです。

亀板制作


しかも何十枚もやってるといいかげん手がシビレてきますっ((+_+))


亀板制作


ようやく終わりが見えたころ「‥これもヴィーンとサンダーかけてちょうだい~」と
ウチで使ってる木の俎板と鍋敷きを持ってきたママねこさん。

 アッ (>o<) そー言えばずいぶん前からキレイにしてくれと頼まれてたっけなぁ~~
 ‥覚えてますよ~的な雰囲気を醸しつつ、笑顔で受け取る… (~_~;)


程なく、木の粉まみれで作業完了~~!
亀板もできたし、俎板も新品みたい。

亀板制作


キレイになった俎板を持ってくと、
お駄賃代わりに好物の『きぬかつぎ』が茹であがっておりました!(初ものです!)

と言ってもウチのは剥いていますが。

きぬかつぎ


粗塩を一つまみ。ん~~~最高!!!

コリャ好物食わしときゃ~ご機嫌なヤツって思われてますなー。
紛れもなくその通りなのですがね‥(^^ゞ


-やきもの屋 主-



黙々と

薄曇りな秋の午後。

彼は器のイメージを思い浮かべ、
意識を集中させロクロを廻す。

小一時間ほど土と格闘し、
ようやく完成を見たその作品。

出来上がったばかりの器を満足そうに眺めて肯く。

「あぁぁっよしッできた~~~~」


作陶体験作品


フゥ~と大きく息を吐いた作者は工房に御出で下さった Fさん。

2回目の作陶体験で少し手慣れてきたとはいえ、やはり悪戦苦闘。
なかなか思い通りにはいかない。でも楽しそうに遣り終えました。



實生窯の作陶体験は基本、こちらから手も口もあまり出しません。 
それは作り手自らが「作る楽しさ」を感じてほしいから。
先入観に捉われず自由に土を触ってるとどんどんイメージが膨らみ、
良いインスピレーションが湧いてきます。
大事なのは心から愉しむこと!!
その過程で生み出されたものが愛着のある『作品』になると想っています。



今回もご自分で 『気に入った器』 に辿り着いた!
という達成感で満ち溢れたご様子。

後はいい焼色で上がってくれば最高です!…が、これが一番難しいんですよね~~ (~。~;)
しかしガンバリますょ!

作陶おつかれさまでした。



-やきもの屋 主-






プロフィール

天野智也

Author:天野智也
備前 やきもの屋家族のブログ。
やきもの屋・主 と
カミさん(ママねこ)の
日々のくらしや仕事について。
ついでに猫2ひきのお気楽な
日常も・・・

最近の記事

カテゴリー

メールはこちらから

お問い合わせ、ご感想などお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

Top