FC2ブログ

備前焼天野智也

 岡山県赤磐市に半地下式窖窯を自作築窯。 普段使いにも贈り物としても最適な、シンプルでモダンな備前焼です。

備前の土

これは備前の原土。

備前土の原土

地面の下4、5mのところで層をなしていた土です。

黄色い方が上の層、グレーが下の層でした。
これから細かく砕き、不純物を取り除いてから水に溶かして『粘土』にします。

黄色い土は鉄分が多く色が付きやすい。反面、鉄分の影響で耐火度が下がるため
変形しやすくなります。
グレーの方はオーソドックスな土。耐火度も高く扱いやすいが
十分に温度を上げないと焼きが甘くなってしまいます。

同じ窯に入れて焼くには土をブレンドして性質を均一化するのが一般的な方法ですが
私は、確保している十数種類ある原土をなるべく混ぜずに土つくりをして焼きます。

上手く焼くには窯の中のどの位置に置くか。それに尽きます。

古窯を模している窖窯(あながま)は窯の中は温度分布がバラバラですので、
あまり温度の上がらない場所がどうしてもあります。
そんな場所に黄色い土を置いてやるのです。
そうするときれいに色が出て、形も崩れず良い形に焼きあがります。
火の強いところにはグレーの土や、もっと耐火度のある土を、
というように、温度分布を把握してその温度できれいに発色する土を選んで配置していきます。

窯の中の温度を窯焚きによって均一に持って行くというのが定説ですが
あえてバラバラの温度分布を利用して耐火度の違うそれぞれの土をうまく焼こうとしています。
その土の持っている個性を引き出すように…

どの土で器を作るか?そこから作品つくりがはじまります。

  -やきもの屋 主-



Comment

2009.10.12 Mon 20:54  

こんばんは

朝晩、本当に寒くなってきましたね。

ところでホントニ奥が深いですね、器の世界も。土と火いう、「生き物」を相手にさぞ毎日大変でしょう。思ったとおりいかないことも多々あるでしょうし・・・。
この世界、全くの無知なので、このブログでいろいろ勉強させてもらってます。

黒っぽい、いや真っ黒に近い焼き上がりの陶器もたまに見かけるのですが、やはり土の種類になるのでしょうか・・・。いつも、気になってるんですよ。

2009.10.13 Tue 01:58  こんばんは

> こんばんは
>
> 朝晩、本当に寒くなってきましたね。
>
> ところでホントニ奥が深いですね、器の世界も。土と火いう、「生き物」を相手にさぞ毎日大変でしょう。思ったとおりいかないことも多々あるでしょうし・・・。
> この世界、全くの無知なので、このブログでいろいろ勉強させてもらってます。
>
> 黒っぽい、いや真っ黒に近い焼き上がりの陶器もたまに見かけるのですが、やはり土の種類になるのでしょうか・・・。いつも、気になってるんですよ。

----------------------------------------------------------------------
こんばんは 

ブログ、見ていただいてありがとうございます。

このあたりも朝、冷えるようになってきました。
周りが山に囲まれた、小さな盆地みたいなところなので冬は寒いですよ。

黒いヤキモノにも、いろいろとあるので一概には言えないのですが
大雑把に言うと、ヤキモノの色は土の中にある鉱物の成分が高温焼成される
ことによって化学変化をおこし、発色します。
しかし、同じ土でもその焼成過程によってまったくちがう発色になるのです。
さらに釉薬がまとっているなら土の成分と釉薬の成分が反応し合うのでより
変化が複雑になります。
経験を重ねると、一つの土についてはある程度把握してきますが、扱ったことの
ない土については、経験予測の範囲を超えられないのが現状ですね。
そのヤキモノが目の前にあるときは、こう焼いたんじゃないか?というのが
想像がつくのですが…    

少しの条件の変化で色が変わってしまうものがヤキモノですが
それがまた刹那的でいいところでもあるなあと思ってます。





  • #-
  • 天野智也
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://amanotomoya.blog109.fc2.com/tb.php/137-9cd75719

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

天野智也

Author:天野智也
備前 やきもの屋家族のブログ。
やきもの屋・主 と
カミさん(ママねこ)の
日々のくらしや仕事について。
ついでに猫2ひきのお気楽な
日常も・・・

最近の記事

カテゴリー

メールはこちらから

お問い合わせ、ご感想などお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

Top