FC2ブログ

備前焼天野智也

 岡山県赤磐市に半地下式窖窯を自作築窯。 普段使いにも贈り物としても最適な、シンプルでモダンな備前焼です。

やさしい器のある暮らし

書店に行くと子育てしたお母さんの書かれた『〇〇な子供にする方法』などの本をたくさん
見かけます。

私が書く、いや書けるとしたらと考えてみました。

『食欲のある子供にする方法』
『好き嫌いなくいっぱい食べるのにスリムな子供にする方法』
『たいした料理でもないのにおいしいとうれしそうに食べる子供にする方法』…

我が子のいいところが食欲旺盛しか思い浮かばないなんて…。
いっしょに食事をした方々が感心するくらい、ホント好き嫌いなくよく食べるんです。(^_^;)

それはどんな方法か? と言っても、普通に食事を作り、育てただけなのですが‥。

しいてあげれば、我が家はやきもの屋なので器だけは好きなものを使っています。
特別に料理上手でない私のごはんを美味しそうに演出してくれます。

我が家の食器棚には自分達の作った器以外にも好きな作家の方のものや日本各地のやきものがあります。

我が家のうつわ

子供達にも離乳食でまだ消毒が必要な時はプラスチックも使いましたが、
わりと早くから陶器の器を使いました。
さすがに初めは割れても取り乱さないでいられそうなものから使い始めて、
落として割れたらちゃんとその事を教えました。
でも、ほとんど割られたという記憶はありませんし、また割れるものだとも思っています。

そのうち、親が器をていねいに扱うのを見たり、その器がウチに来る事になったストーリーを聞かせたりして、何故大切にしているのかを教えました。
値段が高かったから大切というのではなく、買ったり、戴いたりした時の思い出や、
作った方のエピソードなどを話しました。
時には、何十年も愛着のある器との生活四方山話を聞かせたりして。

窯から出てきた作品に「この器にあれを盛ったら美味しそうだね」とご縁のない高級食材が盛られている妄想をひろげ、家族で遊んでいます。
そうするうちに、備前焼でこんなの作ってとアイデアを出してくれたり、実際に窯出しした器を使ってみたりと、器のある暮らしを楽しむようになりました。
そういう中で子どもたちは、だんだんと器にも食べることにも興味を持ち、「食事は楽しい!」 と思えるようになっていったようです。

これが私の『食べる事が大好きな子供にする方法』です。

  -ママねこ-



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://amanotomoya.blog109.fc2.com/tb.php/163-e752b8b5

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

天野智也

Author:天野智也
備前 やきもの屋家族のブログ。
やきもの屋・主 と
カミさん(ママねこ)の
日々のくらしや仕事について。
ついでに猫2ひきのお気楽な
日常も・・・

最近の記事

カテゴリー

メールはこちらから

お問い合わせ、ご感想などお待ちしております。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

Top